テーマホスピタル(PS)のよもやま

そうじゃねえだろ

こんちは。ozmaxです。


みなさん、ザ・コンビニってご存知ですか?

そうです。国民的コンビニ経営シミュレーションゲームですね。

一時コンビニ以外にもドラッグストアやらレストランやら学校やら色々な経営シミュレーションが跳梁跋扈したんですけど、今日はその変わり種、病院の経営シミュレーションを紹介しますね。
まずは有無を言わさない美麗なOPをご覧ください。チッ(舌打ち)


OPムービー

俺にもわからんよ。


概要

1998年エレクトロニック・アークから発売された病院経営シミュレーションゲーム。開発はポピュラスを手がけたイギリスのブルフロッグ。
作中にブラックジョークが多数登場するが、ゲーム自体は至ってシンプルで各ステージごとに設定されている目標金額や来院数をクリアすることで次のマップに進むので、効率良く作業することでエンディングは簡単に見れる。

内容

自由度の高さ(無駄な)

どうかしてる

所謂箱庭ゲームだが、マップの大きさはステージごとに設定されているものの、診察室やトイレなど部屋の大きさをユーザー自身で設定できるため自由度はかなり高い。
またステージを進めることで外科や薬局など作れるものも増え、それに伴い病気の数も増えるので後半はかなりぐちゃぐちゃになる。あと何故かBGMがない。無音。

目的がわからん

どいひー
ブラックジョークがかなり多い。来院数に対して極端に少ない数のトイレしか作らないと、院内が汚物まみれになる。しかもゲーム内で雇える清掃員が汚物の処理スピードより患者が釣られて吐くスピードの方が早いので数分でゲロ病院に。吐く時の声がリアル。

だからおかしいんだって。

がいきち
医者や看護師を雇うときの説明文に『無能』『人の陰口ばかり言う』など関係ないことばかり書いてあるので、能力の高さの判断基準が給料でしかない。

病名がわからん。

そうじゃねえだろ
病名が謎なものばかり。最初のステージでは風邪くらいしか出てこないものの、ステージ2でベロ出し病という意味不明な患者が大量に押しかけてくる。
ベロ切ることが出来る医者がいないと簡単に詰むが対処すると一気に資金が増すので難易度はやっぱり簡単。

ゲームの思い出

とくにありません。

やった事ある人、話しましょう。(ozmax)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ozmax経営SLGamer

投稿者プロフィール

私はしょうもありませんが、なにか不都合でも。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る