ファルカタ ~アストラン・パードマの紋章~(PS)のよもやま

ファルカタ

こんちは。ozmaxです。


生粋のBookOfferとして、今日は皆さんに全国のBOOKOFFで購入出来る、特別なゲームソフトを紹介します。
ファルカタといいます。


OP

このゲームにはOPムービーないです。なんなんだよ。

概要

1995年発売の戦略系シミュレーションゲーム。発売はガスト。同社のプレイステーション参入初作品である。
wikipediaにもストーリー概況が載っていないほど謎な作品で有名。ガスト(飲食店の方)はポテトが美味しい。

CPU3人とマップに点在するポイントにパーティーを組んで探索したり、戦闘したりするボードゲーム。ゲーム開始時に勢力を選択して進んで行くのだが敵を倒しても倒しても新たな勢力が参戦してくるのでゲームクリアはない。

ムカつくポイント1

自ターンの際に行動、探索などメニューから6,7つ選択できる項目があるが、このゲームの特筆すべきポイント、"コントローラーの効きが良すぎる"ためコマンドが1つ飛ばしで進んでしまう。
中々自分が選びたいコマンドが選択出来ずイライラするのも醍醐味なのか。
意図的に作ってたとしたら、開発者を尊敬する。悪い意味で。

ムカつくポイント2

メニューの中に"宴会"というコマンドがある。ゲーム内通貨を使って自勢力の指揮を高める効果があるらしいが、画面に酒を浴びるキャラクターが出てくるだけで表面上の数値に変化がないためまったくと言っていいほど意味がない。
意図的に作ってたとしたら、開発者を尊敬する。悪い意味で。

ムカつくポイント3

他勢力との戦闘は特にすることがありません。自キャラが頑張って闘ってるのをそっと見守ってましょう。
ひたすら攻撃コマンドを選択してれば多分勝てます。戦闘がつまらないゲームって大体つまらないよね。
意図的に作ってたとしたら、開発者を尊敬する。悪い意味で。

ゲームの思い出

とくにありません。むかついた覚えしか無い。(ozmax)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ozmax経営SLGamer

投稿者プロフィール

私はしょうもありませんが、なにか不都合でも。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る