アジト3


世界がPS2に浮かれている中、大人気国民的ゲームの三男坊として時代の徒花として華々しくデビューした「AZITO」シリーズ最高傑作「アジト3」を紹介します。

◆テレビコマーシャル


◆オープニングムービー


◆概要

『AZITO』(アジト)はASTEC21(アステックツーワン)が開発した秘密基地作成シミュレーションゲームシリーズ。

発売元は1作目はアスク、シリーズ2作目である『AZITO2』から発売元がバンプレストに変更され、

シリーズ3作目までがプレイステーション用ソフトとして発売された。

◆ゲームのおもひで

今更ながらヒーローの豪華な起用に驚かされる。

グレイトバトルやスーパーヒーロ作戦、ヒーロー戦記などのヒーロークロスオーバー作品では仮面ライダーやウルトラマン等の東映・円谷ヒーローがいる事が多い。

しかし今作では東映ヒーローは勿論、何とレインボーマンやダイヤモンドアイといった宣弘社のヒーロー、

そしてタイガーセブンやスペクトルマンといったビープロのヒーローまで登場する。

ここまで多岐に渡るヒーロー群像劇は後にも先にもこれが最多では無かろうか。

当時特撮界では待ちに待った新作仮面ライダークウガの放映が始まり、クウガ・タイムレンジャー・ゴジラがほぼ現役でありながらゲームではヒーローものは少なかった。


そこへきて秘密基地経営シミュレーションゲームではあるものの、ヒーローをモチーフとしたゲームが出てきたことはとても歓迎されるべきことだったように思う。ほんとにヒーローもののゲームって無かったので。

内容

内容はというと、異常にメモリを食う
以外はまあ他の経営シミュレーションとゲームとしての面白さはあまり変わらない。

ただ秘密基地のフロント企業が遊園地だったり、予算の使途が兵器だったり、待遇に不満を持つと敵を前にしても辞めてしまう従業員だったり、妙にリアリティがあったのが面白い。

仮に今スマホ向けネイティブアプリとして作られたら

  • 行動にスタミナが必要

  • スタミナは行動する度に減り、時間を置くと復活する

  • 早く回復させたければジェムを買う

  • ジェムは100円から

  • ヒーローガチャがある

  • ヒーローガチャにはライダーマンやブルーハカイダーみたいな微妙なキャラばかり出るガチャとレッドマンやゴッドマンといった誰もがほしがるレアキャラがたまーにでるガチャとかがある

  • 20万円くらいつぎこむユーザがいて、結果ライダーマンや滝一也、ガブラ、サナギマン等微妙なキャラばかり出て憤慨し、twitterやはてぶあたりに書きまくる

  • ホットエントリーに入ってしまい炎上する

  • メーカー側が事態の収拾を試みてもっといいヒーロー(イビル、バシャーンあたり)が出る様に改修する


  • こんな感じだろうなぁ。

    あれ?ちょっとやってみたい。


    ◆関連動画

    ー正義側エンディング


    ー悪側エンディング


    実は3DSで出ていたりします。

    版権料が高いからなのか、DSのAZITOは完全にオリジナルキャラだけです。

    やった人感想教えてください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    この著者の最新の記事

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る