burger1

こんにちは、お久しぶりのozmaxです。

夏ですね、夏。

夏ですよ、夏。

なんか記事書こうかなーって思っていた時に夏にピッタリなゲームを見つけてしまったので更新してる次第でございます。

 

↓↓これ↓↓

summer

"ぼくくん"になりきって日本の夏休みを満喫する国民的ゲーム"ぼくのなつやすみ"

 

 

は、紹介しません。

 

サムネイルとか記事タイトルでバレバレですが本日は、

burger1

夏といえばハンバーガー(暴挙)

隠れたシミュレーションゲームの名作、"バーガーバーガー"を紹介します。

 

概要

1997年11月27日にPSで発売されたシミュレーションゲーム。

プレイヤーはハンバーガーチェーンのオーナーとなり、チェーンを拡大してゆく。ハンバーガーの開発、メニューの入れ替え、ノウハウへの投資、社員の雇用などをしながら、 100店舗を達成するのが目標。1ヶ月あたりに出店できる数が限られているため、計画的に店舗を展開する必要がある。

プレイヤーの他にライバル(他のチェーン)が存在し、シェアを奪い合う。ライバルは実在のハンバーガーチェーンをもじったものになっている。ゲームが進むと他店のメニューを見たり、店舗を買収することも可能。

資金がそこをつくか、ライバルに100店舗を達成されるとゲームオーバーとなる。

ハンバーガーは、バンズ、ソース、牛肉、鶏肉、豚肉、魚、野菜、その他に分類された食材を組み合わせて作る。ゲーム序盤は選べる食材が限られているが、ゲームが進むにつれ選べる食材が増えてゆく。

burger2

自分で好きなハンバーガーを作って売ります。ただそれだけ。

ただ、ゲームのシステムが絶妙に調整されています。

街の端っこの方にでかい店舗を建てるとすげー勢いでお金が減ったり

チーズだらけのハンバーガーを作るとすげー勢いでお金が減ったり、

セットの料金を30円にするとすげー勢いでお金が減ったり、

とにかく お金が減ります。

他のシミュレーションゲームと違ってメイン画面に現在の資金がカウンター表示で増減するので、減り始めたらどこか対策をしないと速攻でゲームオーバーになります。

 

無敵の食材

このゲームはスタッフとして雇う人によってイベントが発生し、新しい食材が手に入るのですがプレイしたことある人なら誰もが知ってる無敵の食材があります。

burger4

そう、キャビアです。

キャビアはゲーム内のミシュラン星人とかいう日本語ペラペラの異星人がイベントでくれます。

このキャビアのみをバンズで挟む。

burger3

こういうことですね。

これを980円とかで売れば、上記で説明した資金のカウンターがすごい勢いで増えていきます。

これで100店舗作ってゲームクリアですね。

 

シミュレーションゲームに裏ワザ要素があるのは如何なものかと思いますが。

 

思い出

特にありません。キャビアゲーです。

 

終わり。

 

ちなみに生産が終了しているためくっそ高いです。

プレイしたい方は友達とか借りてね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ozmax経営SLGamer

投稿者プロフィール

私はしょうもありませんが、なにか不都合でも。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る