最強最速を目指す

eyecatch_ishiyaki

先日模型屋さんに馳せ参じたところ、いかにも次の持ちを主を探してるかのようなプラモを見つけたのでここぞとばかりに買いました。




風物詩シリーズ no.9

「石焼いも」¥590

 

”風物詩”って結構主観に寄るだろ・・・とか思いながら

制作に着手しました。

 

箱を開けると



こんな感じです。

ガンダムマーカーが必要です。

この写真からは伝わらないかもしれませんが

このシリーズね



 
すっごいざっくり。
 

 

作りが。全体的に。

 

 

やっぱバンダイのガンプラはユーザビリティをよく考えられたつくりであることがよくわかりました。

 



すごいざっくりしたパーツを切っては張り切っては張ります。

接着剤必須なのでまず接着剤を探すところから始めました。

 



これは車両後方につける、薪を入れる箱。

プラモ制作を通じていろんなうんちくが溜まります。

 
まあ何の役にもたたないだろうけど。


これはのれん。



ひっつけて



刺す。



なんやかんやでこうなります。

あとはこれにさっき作っていた

屋台骨を



 



合体。

 



逆はこう。

それにしてもきったねえ机だ。

あとはこれに車輪や動力源をつけるだけ。

 





 

 

でなんやかんやで

 


完成!

わいのブロッケン・I(ISHIYAKIIMO)やでぇ!!!!

 
スーパーFMシャーシにトルクチューンモーターを装備!!
 
横浜市は坂がとても多いからな!!
 

 

これは知人のマシン、『マックすしブレイカー』


高速で走ってきたら何が面白いかを小一時間、店舗で二人の大人が

考えた挙句、

 

選ばれたのはお寿司屋さんでした。

 

 

戦時中の尋常小学校がマッハダッシュモーターを搭載して疾走してきたら面白いよねとか言ってはしゃいでましたが、なんかバチがあたりそうなのでやめました。
 

 


 

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る